あした吹く風・・・miyabi's photo

miyabi4127.exblog.jp

<   2017年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

宝仙湖 から 小岩井農場一本桜  そして 奇跡


さあ、雪国の撮影ツアーも最終日です

田沢湖の北にある、宝仙湖
人造湖ですが、玉川ダムがあり、深い雪に覆われていました






a0306253_21112731.jpg




a0306253_21110116.jpg


a0306253_21120049.jpg




a0306253_21121509.jpg




a0306253_21123610.jpg




a0306253_21125515.jpg




a0306253_21131212.jpg



二日目の前日も、この日も、雪に降られることなく、青空がまぶしい一日です



雪景色を堪能した後は、小岩井農場へ





一本桜が私たちを待っていてくれました




a0306253_21162593.jpg




a0306253_21174401.jpg


岩手山を隠す雲が、大きく変化します




a0306253_21185036.jpg





小岩井農場も一面雪に覆われているので、中へ入って行くことはできませんでした
入口にある売店でお土産を買って、再び、一本桜の撮影場所へ戻ります



一本桜・・・・道路の路肩からの撮影です




時間が少し経っていたので、見える景色も少し変化しました




a0306253_21220411.jpg








そして、皆さんが、空を見上げて、撮影しているなぁ~ と思ったら





なんと





この奇跡のような光景が広がっていました






a0306253_21234680.jpg




人生初の『 彩雲 』 です






a0306253_21243805.jpg



ハート の形に見えたり





a0306253_21251153.jpg



a0306253_21254516.jpg



少し、色を強調させてみました






雲全体が虹色に輝く 彩雲






ひとり、カメラをのぞきながら、スゴイスゴイを連発し

恥ずかしいくらいに興奮してしまいました




旅の最後に、とてつもない、贈り物をもらったような、幸せな気持ちに包まれました







中味のぎゅ~っと詰まった三日間の旅も終わり




幸せの余韻にひたりながら、東京への帰途につきました












[PR]
by miyabi-9127 | 2017-02-24 21:32 | 撮影会 | Comments(2)

角館 火振りかまくら



第二日目は、『 角館 火振りかまくら 』 です




夜、真っ暗で何も見えなかった窓の外
朝の光の中で見ると、こんな景色が広がっていました






a0306253_20144363.jpg


少しゆっくりの10時出発
夜もゆっくり眠ることができました




角館までの間、田沢湖へ行きます




冷たい風が強く吹いて、田沢湖畔の昼食場所での撮影は早々に引き揚げました


そこで、先生が、バスの運転手さんにお願いして、

赤い鳥居のある場所へ連れて行っていただきました


予定外のコースでしたが、快く、受けてくださいました



その神社に着くころには、風もおさまり、真っ白な雪の中、湖畔に立つ赤い鳥居


28名のカメラマン・カメラウーマンたちは、シャッターをきることに集中~





御座石神社です





a0306253_20225208.jpg





a0306253_20230991.jpg



a0306253_20232713.jpg




a0306253_20234506.jpg



a0306253_20235924.jpg


もっと撮影していたい気持ちを残しながら、次の田沢湖駅へ向かいます



ローカル線と四季の風景を撮影する杉山先生
愛称 スギッチ

ならではの、秋田新幹線 こまち を撮り鉄です





a0306253_20280351.jpg



a0306253_20281848.jpg



こちらも、真っ白な雪景色のなかの赤い車体が美しいですね









さあ、角館へ向かいましょう~





角館と言えば、武家屋敷としだれ桜


もちろん、桜はないのですが、咲いている光景を想像するだけでもいいですね~




a0306253_20313779.jpg



通りのあちらこちらに、雪で作られたこんな灯篭が・・・


わざと、斜めに作ったのかしら?  と、思うほど
見事に全部が傾いていました


そんなことないですよね


この日の気温は、2℃でしたが、どうやら、暖かさで溶けて、傾いたようです


歩いている途中にも、ドサッと、倒れた灯篭もありました



a0306253_20342728.jpg


こんな自撮りで一枚





そろそろ日も傾いてきました

『 火振りかまくら 』の会場へ行きます









a0306253_20473721.jpg






この『火振りかまくら』は、小正月の行事として行われ、
正月のしめ飾りやお札を焼いて、一年の無事や五穀豊穣を祈願する神事だそうです



炭俵に1メートルくらいの縄をつけ、竈からその俵に火をつけて、
自分の体の周りを振り回して、無病息災や家内安全を祈願します




それはそれは、ダイナミックな火の輪が現れました






a0306253_20480826.jpg





a0306253_20482519.jpg





a0306253_20484549.jpg




a0306253_20490244.jpg






a0306253_20491958.jpg






a0306253_20493821.jpg






厄年の厄除けの意味合いもあるようですが
一般の人も参加できます




半纏を着て、最初はおそるおそる、振り回すと

俵の火がどんどん強くなってきて

最後は、ブンブン 振り回せるようになっていました




2~3回、くりかえし、チャレンジしている外国人観光客の女性もいましたよ






a0306253_20495631.jpg






a0306253_20501296.jpg






ツアーに参加していた人も、お一人参加されていて
願いを書いた紙のついた、縄の切れ端を持って帰ってきました



私もやりたかったなぁ~



やればよかった・・・








こんなお祭りがあるなんて、初めて知りました


雪深い地方ならではのお祭りかもしれませんね







翌日は、いよいよ最終日です





つ   づ   く  ・・・・・










[PR]
by miyabi-9127 | 2017-02-23 21:05 | 撮影会 | Comments(0)

なまはげ 柴灯(せど)まつり



やっと、写真の整理ができました

2月12日から14日までの2泊3日
杉山浩先生を講師とした、撮影ツアーに参加しました




『 火の輪が踊る角館・火振りかまくら  勇壮な男鹿半島・なまはげ柴灯まつり 』 です






まず、第一日目は、男鹿半島 真山神社で行われる なまはげ柴灯まつり





なまはげ・・・と言えば、大晦日に 『泣ぐ子はいねが~』 『 悪い子はいねが~』 と村の家々を回るというくらいの
知識しかありませんでした




でも、この『なまはげ柴灯まつり』は、神事としての祭りを見ることができました





a0306253_19392160.jpg




a0306253_19401677.jpg
 



鎮釜祭(ちんかまさい)で使われる大釜から立ち上る湯気があたりをおおいます
 


そして、なまはげに扮する若者たちが、参道入り口の石段で、神(しん)の入った面を授かります





a0306253_19442659.jpg



a0306253_19444092.jpg




この面を身に着けた若者たちはなまはげと化して山へ戻って行きます




a0306253_19461956.jpg






松明をかざしたなまはげが闇の中から現れ、雪山から降りてきます





a0306253_19484250.jpg






a0306253_19485771.jpg





a0306253_19491480.jpg





燃え盛る柴灯火のかなたを、松明の列が進んで行くさまは、幻想的でした





a0306253_19493029.jpg





そして、山を降りてきたなまはげたちが、柴灯火の回りを練り歩きます




a0306253_19522867.jpg




a0306253_19524633.jpg




a0306253_19525949.jpg






a0306253_19531351.jpg







a0306253_19534461.jpg





クライマックスには、村々から、いろいろなお面をつけたなまはげが現れます





a0306253_19540597.jpg






a0306253_19550867.jpg





小さな子供たちは 『 泣ぐ子はいねが~ 』 『 悪い子はいねが~ 』となまはげにかかえられて
連れて行かれて、 ぎゃん泣き・・・




ほほえましいけれど、ちょっと心配になりました





a0306253_19574883.jpg





時折吹き付ける雪もなんのその
寒さもそれほど感じず、楽しい一夜でした







かなり暗くて、露出設定が難しく、リベンジしたい写真ばかりになってしまいましたけれど。






つ   づ   く   ・・・・・









[PR]
by miyabi-9127 | 2017-02-22 20:16 | 撮影会 | Comments(0)

つぶやき


う~ん
今日は、ひとりごと

というか

やっぱり、つぶやき・・・か?


写真は節分のレオンと


a0306253_18564260.jpg


a0306253_18570232.jpg


a0306253_18571378.jpg


もう節分も立春も過ぎたけど




何年か前にも、お母さん、このお面つけさせて写真撮ったよね・・・





ま、これはいいとして






ここからは、ちょっと・・・暗いかも?のお話です





昨日、仕事で山梨へ行きました


去年、肺がんが見つかって入院、闘病中の社員の人のお見舞いに行きました



自宅療養と病院の入退院を繰り返していたのですが
癌が転移して入院しました


義父の時代から働いてくれているベトナム人の男性です
夫婦で働いています

まじめで、一生懸命で

朦朧とする意識の中でも、仕事のことを案じてくれていたそうです



病状が思わしくないということでお見舞いに行きました



誰かわかる?  と、聞いた奥さんの問いかけに

わかるよ~   〇〇〇〇 だよ~
と、私を理解してくれました

少し、お話もしました



余命宣告・・・長くて1か月   早いと2週間・・・
と言われていたそうです


でも、この様子ならすぐにどうこうということはないかな?



そんな感じでした








ところが、今日の午前中に、亡くなった・・という連絡





うそっ




だって、昨日私と話をしたじゃない






信じられませんでした




元気になったら、また、会社にきてね・・・

待ってるよ・・・

そんな人でした







日本で火葬して


母国ベトナムでお葬式をするそうです








ショックで



一日中


頭の中がボ~ッとていた一日でした





合掌




ご冥福をお祈りいたします











[PR]
by miyabi-9127 | 2017-02-07 19:10 | ひとりごと | Comments(0)